top of page
工業都市

​栗林研究室

IMG_1945.jpeg

人文地理学とデータサイエンス
Human ​Geography and Data Sciences

 皆さんが生まれ育った地域はどのような地域だったでしょうか。都市だったかもしれないし、農村だったかもしれません。東京?大阪?名古屋?それとも....?私たちの人生はその時々にどこかの地域と交差してきたはずです。親の転勤で、進学で、就職で、結婚で、子育てで、旅行で、Uターンで。夢があった時に、挫折した時に、辛かった時に、嬉しかった時に。もちろんその地域で暮らし続けたい人も、はたまた別の地域に移動したい人もいることでしょう。

 ところで、地域を知るとはどのような営みなのでしょうか。どのようなデータを収集・分析すれば地域を知ることになるのでしょうか。用いるデータは公的機関が発表している統計であったり、地域の人の語りであったり様々です。皆さんの人生経験そのものが地域を知る手掛かりになることだってあります。ゼミや講義では、文献講読や地域調査法、統計学、地理情報システム(GIS)、プログラミングなど、皆さんが地域の現象や問題と向き合うための術を学びます。私もまだまだ勉強の毎日です。一緒に未知へと踏み出しましょう!

 ようこそ栗林研究室へ、ようこそ学問の世界へ!

シラバスは以下の「教員名」欄から「栗林 梓」と検索をお願いいたします。姓名の間にスペースが必要です。

https://univision.kogakkan-u.ac.jp/syllabus/

​時間割(2024年4月1日時点)

スクリーンショット 2024-05-17 18.40.35.png

​ゼミで扱った文献の記録

◼︎湯澤規子 2001. 結城紬生産地域における家族内分業の役割:織り手のライフヒストリーからの考察. 地理学評論 74A: 239-263. (​2024.4.23.)
◼︎佐藤大祐 2001. 相模湾・東京湾におけるマリーナの立地と海域利用. 地理学評論 74A: 452-469.(2024.5.7.)
◼︎堤 純 1995. 前橋市の市街地周辺地域における土地利用の転換過程:土地所有者の土地利用に関する意思決定を中心に. 地理学評論 68A: 721-740.(2024.5.14.)
◼︎仁平尊明 1998. 千葉県旭市における施設園芸の維持と技術革新. 地理学評論 71A: 661-678.(2024.5.21.)
◼︎谷 謙二 1995. 愛知県一宮市における都市内居住地移動. 地理学評論 68A: 811-822.(2024.5.28.)
◼︎水野真彦 1997. 自動車産業の事例から見た企業間連関と近接. 地理学評論 70A: 352-369.(2024.6.4)
◼︎鹿嶋 洋 1995. 京浜地域外縁部における大手電機メーカーの連関構造:T社青梅工場の外注利用を事例として.  
地理学評論 68A: 423-446.(2024.6.11)
◼︎横山 智 2001. 福岡県矢部村における台風災害地の森林管理:崩壊地分布と台風災害復旧の分析から. 地理学評論 74A: 287-304.(2024.6.18)
Coming Soon(2024.6.25)
...

​Location

​コラム(本と私の人生) No.1

​自己紹介
 
長野県出身、2023年に渡比後、就職・結婚・出産をフィリピンで経験し、現在は子育てをしながら一時帰国を叶えるべく奮闘中。
871BEFB2-CB33-4BD5-9BB3-71E7A1868F72 - Kozue Kuribayashi.jpeg
紹介する本:森鴎外『山椒大夫』
 
 故郷を離れて暮らす人の中には、帰省に合わせて、家族や友人と連絡を取る人も多いのではないか。 今では携帯電話一つで、何処にいてもメッセージや電話で近況を知らせあえるのだから昔と比べたら非常に生きやすい。 平安時代、そんな連絡の手段さえまだなかった時代、姉の安寿と弟の厨子王は母に連れられ行方知れずの父を探しに旅に出る。しかし旅の途中に人買いに騙され、母と生き別れとなってしまう。奴隷として売られた先の山椒大夫にこき使われる毎日が始まる。苦難から逃れ、離ればなれとなった両親に再び会えるのか?また、母から託されたお地蔵守りと護り刀は2人にどんな力をもたらすのか?これが大まかなあらすじとなる。   
 『あの中山を越して往けば、都がもう近いのだよ。筑紫へ往くのはむずかしいし、引き返して佐渡へ渡るのも、たやすいことではないけれど、都へはきっと往かれます。』 恐ろしい人ばかりに出会ったが、神仏の導きでここから先運が開けるなら、いい人たちに出会い、父と母に会えるだろう。安寿は前向きな台詞で厨子王の背中を強く押す。 安寿の言葉と地蔵守りの信仰がなければ厨子王は動けなかったとさえ思わせる。結末は是非読んでほしい。
 誰かのポジティブな言葉はチャンスや行動にうつすだけのエナジーを与えてくれる。また、本はお守りのような存在で読んだ分だけ私たちの人生の後ろ盾となってくれるだろう。
森の木
bottom of page